江戸時代初期に、三河の国(愛知県)のお百姓が江戸は三河島(現荒川区)に入植し、作り続けられてきたという大江戸「三河島在来」大豆。主に枝豆と食していたようです。残念ながら、現在では農地が宅地化してしまったため、作られてはいないようです。その大江戸「三河島在来大豆」を復活させ、枝豆だけではなく豆腐も作ちゃうぞ!の企画です。

江戸初期に三河の国から家康と共に上京してきたのであれば、徳川家康はもちろんの事、徳川家代々の将軍が食した可能性も非常に高いはずです!ひょっとしたら完熟を待ち、大豆として豆腐にし、食した可能性も捨て切れません。

このような時期ですので、夢とロマンと希望があふれ出すような、元気になれる豆腐や枝豆を食していただきたいと思います。

2011年06月07日

【葛飾プランター栽培】(aruji)

DSC_0025.JPG上が原種(播種5/28)
下が種屋さん(播種5/26)

両方とも元気に育っています♪

原種の方はどうやら種を深く埋めすぎてしまったようで芽が出るまで時間が掛かりました(笑)
ようやく今日、双葉が開きました!












DSC_0026.JPG


















posted by shun&nao&aruji at 10:57| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする