江戸時代初期に、三河の国(愛知県)のお百姓が江戸は三河島(現荒川区)に入植し、作り続けられてきたという大江戸「三河島在来」大豆。主に枝豆と食していたようです。残念ながら、現在では農地が宅地化してしまったため、作られてはいないようです。その大江戸「三河島在来大豆」を復活させ、枝豆だけではなく豆腐も作ちゃうぞ!の企画です。

江戸初期に三河の国から家康と共に上京してきたのであれば、徳川家康はもちろんの事、徳川家代々の将軍が食した可能性も非常に高いはずです!ひょっとしたら完熟を待ち、大豆として豆腐にし、食した可能性も捨て切れません。

このような時期ですので、夢とロマンと希望があふれ出すような、元気になれる豆腐や枝豆を食していただきたいと思います。

2011年06月12日

【鎌ケ谷栽培 防鳥ネット取り外し】(aruji)

DSC_0031.JPG今日、昼過ぎから鎌ケ谷に向かい向かいました。
上の写真にあるように防鳥ネットを取り外すためです。
双葉が開く前まで格好のポッポちゃんなどの餌となってしまうそうで、それを防ぐためにこの網(ネット)をかけておきます。
既に双葉も開き、そこから先の茎まで出てきていたので、今日より遅かったら生育に支障が出ていたかも知れません。
naoパパさんにご指導、お手伝い頂きまして、無事作業終了です ( ̄^ ̄ゞ
防鳥ネットを外してみると、三河島ちゃんのかわゆい苗があららら、見事に並んで
おりました。感動desuexclamation×2

DSC_0033.JPG  
←の写真を見ていただくとお分かりでしょうが、右側の部分に雑草くんが早々と登場exclamation
来週の日曜日に、駆除する予定です。
そそ、来週の日曜日は
【気合豆腐出張販売IN鎌ケ谷n*cafeさん】
を午前9時から正午まで行います。ゆるりと試食をして頂きながら、ご来場くださるお客様とお話ができたら良いな〜って思っています。

話を戻し、畑に。
naoパパさん「ネキリムシが出ているようです。これが増えると全滅してしまうかも知れないので、喰われてしまった茎の根元を少しづつ手で掘り起こし、ネキリムシを探し駆除してください。」
aruji「はっ、( ̄^ ̄ゞ 」
これ以上三河島ちゃんが食われてはいけないので必死の作業でした。
土をそっと掘り起こしていくと、蛆虫のでかいような虫、これがネキリムシです。
その他、色々な虫も遊んでいて、やっぱり土ってこうじゃなきゃなぁ〜
本当にそう思いました。
雑草が生える土、虫さんが住んでいる土、その土が生きているんじゃないかって感じました。 



posted by shun&nao&aruji at 18:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまでした〜!!

 そうですね、、雑草が生えて、虫が生きている土でなければ、、自然ではないですよね。

 すくすくと育った芽たち、本当にかわいいです。

 見ていて和みます〜♪
Posted by nao at 2011年06月12日 19:20
naoさん、どもです。
本日もお世話に成りました。m(__)m
延々と連なる緑の子供達を見ていると
本当に心和みます。
無事、美味しい江戸時代の枝豆が出来ますように(祈)
Posted by aruji at 2011年06月12日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。